交通事故,後遺症
トップページ
(後遺障害とは?)
交通事故,後遺症
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申し立て
認めてもらえる
異議申し立て
異議申し立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申し立て以外の
不服申立て
後遺障害認定の
異議申し立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
交通事故,後遺症
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


他覚的症状でも後遺障害の等級が14級と認定される場合

他覚的症状でも後遺障害の等級が14級と認定される場合

 本来、交通事故の後遺症による後遺障害認定においては、自覚的な症状だけでなく他覚的な症状も伴っていれば、等級は12級になると言われています。

 しかし、中にはたとえ他覚的症状があっても、後遺障害認定の等級が14級とされてしまう場合があります。
 それは、「MRI画像等で身体に明確な異常が見つかっても、それが症状の原因になっていると判断されないとき」です。

 たとえば、MRIの画像で「頚椎椎間板ヘルニア」(または「腰椎椎間板ヘルニア」)を指摘されたというのであれば、それは明らかな異常所見ですし、これによって症状が生じていると判断されれば、自賠責保険で第12級の認定は見込めます。

 しかし、「頚椎椎間板ヘルニア」(又は「腰椎椎間板ヘルニア」)というのは、単に背骨と背骨の間でクッションの役割として存在するゴム状の組織が後方へ飛び出した状態のことを指し、これがあるからといって、必ず症状が出るというものではないのです。

 何の症状もない健康な方でも、一定の年齢を超えれば、多かれ少なかれ、これに近い状態は認められますし、MRI画像を撮影してみれば、ヘルニアと指摘されるような状態が見つかることもあります。

 自賠責保険における後遺障害として第12級が認定されるか、されないか、は単にMRI画像で異常が認められる、認められないということではなく、こうした異常の存在や異常が認められる場所などを前提として、被害者の訴えている症状の出方や範囲に不自然な点はないか、また、各種検査結果にヘルニアから生じる検査結果として不自然な点はないかといったことが専門医の意見も踏まえて細かく検討され、@被害者の症状、AMRI画像で見つかったヘルニア像、B病院での各種検査結果、の3つが医学的に矛盾なく繋がると判断された場合にのみ第12級が認定されます。
 ですから、MRI画像などで異常を指摘されても、必ずしも、第12級が認定される訳ではありませんので注意が必要です。



交通事故,後遺症

交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症

   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.