交通事故,後遺症
トップページ
(後遺障害とは?)
交通事故,後遺症
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申し立て
認めてもらえる
異議申し立て
異議申し立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申し立て以外の
不服申立て
後遺障害認定の
異議申し立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
交通事故,後遺症
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


症状が続いても後遺障害と認められないケース

症状が続いても後遺障害と認められないケース

 交通事故の後遺症が現在も続いているにも関わらず自賠責保険における後遺障害として認められない理由としては、大別して2つ挙げられます。

 1つめは、交通事故との因果関係がないと判断されるケース。
 2つめは、症状はいずれ治るだろうと判断されるケースです。

 1つめの交通事故と因果関係がないと判断されるケースの代表的なものとしては、
@症状の発現が交通事故から一定期間経過後という場合(交通事故後、医療機関を受診するのが遅いというケースもここに含まれます。)
A症状が変動している場合(症状の場所、性質等が最初から最後まで一貫していないようなケース)
B症状に対する医療機関での治療が連続していないケース(交通事故の直後は頻繁に病院に通院していたが、途中で病院にいかなくなった。病院での治療日と治療日との間に数ヶ月の空白期間があるような場合など)があります。

 2つめの症状はいずれ治るだろうと判断されるケースの代表的なものとしては、診断書に「症状に回復傾向がみられる」「症状は徐々に軽減」といった記載がみられるケースです。
 これらの判断は保険会社に提出された医療機関の診断書やレセプトと言われる治療内容を記した資料等を基に判断されますが、上記のうち、いずれか1つにでも該当すれば、おそらく、自賠責保険における後遺障害としては認められないと思います。

 ただ、診断書などの資料に記載されている情報も主治医の新たな意見1つで変わる場合もあり、この場合、異議申し立てを行なうことによって、後遺障害として認められる可能性が出てきます。

 追突事故による頚椎捻挫や腰椎捻挫によって頚部痛や腰部痛といった症状が生じたケースについては、内容にもよりますが、どの案件も基本的に異議申し立てをすることによって後遺障害として認められる可能性は秘めています。
 ですので、後遺障害として認められなかったが、症状は今も続いているという方は、ぜひ一度、私どもにご相談下さい。


交通事故,後遺症

交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症

   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.