交通事故,後遺症
トップページ
(後遺障害とは?)
交通事故,後遺症
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申し立て
認めてもらえる
異議申し立て
異議申し立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申し立て以外の
不服申立て
後遺障害認定の
異議申し立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
交通事故,後遺症
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


交通事故の後遺症による後遺障害認定に対する異議申し立て

後遺障害認定に対する異議申し立て

 保険会社には「異議申し立て書」が備え付けられており、後遺障害認定の認定結果について納得いかないような場合、あらかじめ異議申し立てを行う旨を伝え、「異議申し立て書」に納得いかない点を記載して提出することができます。

 この「異議申し立て書」には決まった様式はなく、こう記載しなくてはならないといった明確なルールもありません。そのため、自らパソコンやワープロで納得いかない点を文章にまとめて提出することも可能です。
 ただ、異議申し立てでは単に「今現在、障害で苦しい思いをしている」といった主観的な事実ばかりを記載しても取り上げてはもらえません。この異議申し立て書に記載する内容には十分な注意が必要です。

 以下、具体例を示します。

【具体例】

交通事故で肩を怪我した結果、肩の動きが制限されるようになった方が
非該当(後遺障害として認定されなかった)となってしまった。

【認定理由】

「後遺障害診断書に記載されている左肩の関節機能障害については、当該部位に骨折等の外傷性の異常所見は認められず、また神経損傷等も認められないことから、関節可動域制限の原因となる客観的所見に乏しく、自賠責保険における後遺障害には該当しないものと判断します。」


 このとき、肩に骨折や神経の損傷などが認められないから、自賠責保険における後遺障害としては認められないという理由が出されています。

 しかし、なぜ肩に骨折や神経の損傷がないと後遺障害として認められないのか、この説明だけでは分かりません。

 また、交通事故で生じる肩の後遺症の原因は実に様々であり、何も骨折や神経の損傷がなくても、肩が動かなくなる後遺症の原因はいくらでもあります。

 「後遺障害認定に対する異議申し立て」では、こうした点を明確に述べ、かつ、それを客観的に裏付け得る医師の診察所見や検査結果を揃えて提出する必要があります。「肩が動かなくて不自由している」ということをいくら後遺障害認定の異議申し立て書に長々と記載しても、損害保険料率算出機構では取り合ってくれず、認定結果が変わる可能性も低いままです。

 このように後遺障害認定に対して異議申し立てを行うには、障害内容に応じて異議申し立ての方法や揃えるべき資料を準備する必要がありますので、後遺障害認定の異議申し立てをお考えの方はぜひ、一度、私どもにご相談下さい。

 


交通事故,後遺症

交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症


   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.