交通事故,後遺症
トップページ
(後遺障害とは?)
交通事故,後遺症
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申し立て
認めてもらえる
異議申し立て
異議申し立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申し立て以外の
不服申立て
後遺障害認定の
異議申し立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
交通事故,後遺症
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


交通事故 後遺症 後遺障害のむち打ち症について

むち打ち症について


交通事故による負傷の治療を受け続けても(概ね半年程度)
身体の状態がある一定から良くならない場合、
その時点で身体に残る負傷(眩暈や吐き気など)は「後遺症」となります。

この後遺症に後遺障害の認定を受ける事で
負傷に応じた賠償金も支払われる事となります。

そして後遺障害の中で最も多いものが「むち打ち」です。
同時に、最も折衝や等級認定に苦労するものも「むち打ち」であると言えます。 
交通事故,後遺症

なぜなら、むち打ちの症状はその大部分が目に見える(他者が認識できる)ものではなく、自覚症状が大半であるためです。
そのために、診断を受ける医師によっては、たとえむち打ちであっても「異常なし」と診断されてしまう場合があります。
当然、被害者側は「異常なし」の診断結果納得ができない、というケースも少なくありません。

こうしたとき、真に適正な後遺障害の認定を受けるためには、自分自身で交通事故による後遺症の結果として、むち打ちという後遺障害があるという事実を説明する必要があります。

そのためには「異議申し立て」の制度を用いる事になります。

しかし、この異議申し立てにおける「むち打ち」の説明も、感情的な主張ばかりでは、身体に残った障害がむち打ちを原因としているとは認められず、詐病とみなされてしまう可能性もあります。

@:事故が原因で一定の症状が現れている。
A:日常業務に影響が出てしまっている。
B:@とAの事実を客観的に説明できる。


この3点が、むち打ちの後遺障害認定を受けるために重要なポイントとなります。

むち打ちによる後遺障害等級の認定が非該当の場合
または現在の認定では納得できないという方は、
ぜひ当社にご相談ください!



交通事故,後遺症

交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症

   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.