交通事故,後遺症
トップページ
(後遺障害とは?)
交通事故,後遺症
後遺障害認定について
むちうち症について
後遺障害認定の適否
交通事故による
後遺障害の認定機関
損害保険料率算出機構
後遺障害の等級
労災保険と後遺障害認定
「後遺障害」と「身体障害者手帳の障害」
後遺障害と認められる
ポイント
後遺障害認定における
診断
後遺障害認定における診断書の内容
損害保険料率算出機構の調査方法
後遺障害の
申請可能な時期
後遺障害の
認定にかかる期間
損害保険料率算出機構の
文書照会
後遺障害認定結果に対する保険会社への理由確認
損害保険料率算出機構の
直接説明
後遺障害認定の
詳細説明請求
後遺障害認定に対する
異議申し立て
認めてもらえる
異議申し立て
異議申し立ての審査場所
後遺障害審査会とは
異議申し立て以外の
不服申立て
後遺障害認定の
異議申し立て先
過去の
後遺障害認定の履歴
加重障害とは
加重障害が
認められないケース
後遺障害の相談
症状が続いても後遺障害と認められないケース
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級
頚椎や腰椎の捻挫に
認められる等級の差異
他覚的症状でも
12級と認められない場合
よくある質問
弁護士をサポートします
   
交通事故,後遺症
会社案内
弊社に依頼するメリット
報酬表
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅
名古屋オフィス 名駅
大阪オフィス 堺筋本町駅

プライバシーポリシー・免責


交通事故の後遺症の等級認定に関する相談なら、サポート行政書士法人へ!

交通事故,後遺症

交通事故,後遺症 後遺障害認定 大手町 後遺障害認定 新宿 後遺障害認定 横浜 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症

【全国のオフィスにて、
     お電話・ご来社での
無料相談を受付中です!】

当社では、後遺障害認定をサポートいたします


交通事故に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

まずは、私の自己紹介をいたします。
私は、20年前、新卒で安田火災海上株式会社
(現、損害保険ジャパン)に入社しました。

そのきっかけになったのが、学生時代の追突事故でした。信号で停止しているところに、後続車に追突されました。ムチウチ症になり、通院することになりましたが、レントゲンの異常はなく、だるさと違和感を医師に訴えるだけでした。1年後に、相手保険会社と示談交渉をしましたが、当初提示してきた示談金に対して、なんと、その倍の金額で最終的に示談となりました。

もちろん、数ヶ月、しっかり調べて交渉した結果です。
(学生時代は時間がありましたので)
社会は、誰でも守ってくれるわけではなく、
知っている人だけを守ってくれるのだと実感した事件でした。

損害保険会社勤務時代に、多くの事故処理を手がけ、
その後の保険代理店も含め、
20年間約3000件の現場に立ち会ってきました。

軽度のムチウチから重度の後遺障害まで幅広く関わりましたが、
やはり、どの被害者にも共通するのが、学生時代の私のように、
知識不足で悩んでいることでした。

それもそのはずです。

ほとんどの被害者は、初めて人身事故で被害者となり、
後遺障害が残るような症状も経験したことがないからです。


家族や友人に聞いてみても、同じようなケースの経験をした人はなく、
先行きの見えない不安と闘うことになります。

何の落ち度もないのに、怪我をして、
その補償が充分にされるかどうか分からないという不安。
説明できない辛さですよね。
こんな経験をもとに、私は平成13年、行政書士になりました。

現在では、整形外科医にも強い人脈があり、適切な診断を受けることができます。
また、診断書作成や医療照会についても、
専門的なアドバイスをすることができるようになりました。

これからも、後遺障害で苦しむ人を助けることに全力を尽くしたいと思っています。
これまで、多くの指導を受け、実績を積ませていただいた経験を、
さらに多くの方に還元させて頂きます。


交通事故の後遺症についての認定や異議申立てでお悩みの方は、
ぜひサポート行政書士法人にご相談ください!

交通事故で後遺症が残ってしまった場合の補償は
【後遺障害認定】から始まります


交通事故の後遺症による後遺障害認定は、
初めての方には非常に難しく、
毎日たくさんのご相談をお受けしています。

保険会社から治療費の打ち切りを告げられて困っている。

交通事故の後遺症について診断書を書いてもらうように言われている。

交通事故の後遺症の診断書を書いてもらうのに、医師に何と頼めばいいですか?

交通事故の後遺症の診断書を書いてもらうのに、早すぎることはないですか?

交通事故の後遺症に関して診断書を普通に書いてもらった場合、
「該当なし(非該当)」になりそうで不安です。

交通事故に遭って後遺症を負い、自分で後遺障害の認定を申請したけれど、
「該当なし(非該当)」となってしまいました。

交通事故の後遺症に関する後遺障害の認定は、
相手保険会社に任せておけば大丈夫ですか?

主治医の先生から後遺障害の認定は難しいと言われた。

主治医の先生から交通事故の後遺症が残りそうと言われましたが、
いつ症状固定にしたらいいですか?

弁護士に相談したら「交通事故で後遺症を負ったのなら、
後遺障害の認定を受けてから相談下さい」と言われました。

交通事故で後遺症を負った後、後遺障害の認定を受けるには何が必要ですか?

自分の後遺症は後遺障害として認定される可能性はあるのでしょうか?

第14級に認定されたが、それが適正なのか知りたい。

上記のような疑問を自己判断で解決しようとすると、
取り返しがつかなくなってしまうことがありますので、
まずは当社までご相談ください。



後遺障害とは?


【後遺障害】とは、以下の要件を満たすものと定義されています。

?:交通事故によって受けた傷害である事。
?:将来においても回復の見込めない状態になる事。
?:交通事故とその症状固定との間に相当な因果関係が認められる事。
?:その存在が医学的に証明できるものである事。
?:労働能力の喪失を伴うものである事。
?:その程度が自動車損害賠償保障法(自賠法)施行令の等級に
  該当するものである事。

 以上の要件を満たす傷害であることの認定を受けることを、
 後遺障害認定と言います。

※一般的には「後遺症」と呼ばれることもありますが、
 「後遺障害」が正しい名称となります。



上記のような障害を負ってしまった場合、
障害の等級認定を受けたり自賠責保険に関する手続を行う等の、
煩雑な手続を行わなければなりません。

そして、真に適正な損害賠償を受けるためには、
この手続きに専門的な知識と豊富な経験を要します。

たとえば、交通事故の後遺症について、
後遺障害の診断書は医師が作成します。

ただ、確かに医師は「医療のプロ」ですが、
決して「後遺障害診断書の作成のプロ」という訳ではありません。

適切な後遺障害認定を受けるためには、
相応の形式を整えた後遺障害診断書を手に入れなければならないのです。

もしも交通事故に遭って後遺症が残ってしまい、
後遺障害認定が進める必要が出たとき、どう進めていけばいいか分からない。
または、後遺障害診断書をどう作ってもらえばいいのか分からないという方は、
ぜひ一度当社へご連絡ください。

実績豊富なスタッフ一同が、あなたの後遺障害認定を全力でサポートいたします!

後遺障害認定の流れと当社のサポート内容

交通事故の後遺症について、
後遺障害認定を受け、またはその結果に対する異議申立てを行う流れは、
以下の通りになり、
当社はその中で大きく分けて3つのサポートをさせていただきます!


交通事故,後遺症



交通事故,後遺症



交通事故,後遺症

交通事故,後遺症



交通事故,後遺症

初めての事で専門家に相談したかった : T様

 突然事故にあって、その後にどうするべきなのかが全く分かりませんでした。
 保険会社とも連絡を取る事はあっても、それだけでいいのか、大丈夫なのかと不安をぬぐいきれませんでした。
 そこでそちらへに相談してみたのですが、専門知識を持った方にきちんと対応していただき、制度の仕組みや自分の場合はどうなのか、と事細かに説明していただけて、不安を取り除く事が出来ました。
 どうもありがとうございました。


本当に事前に相談しておけば良かったです : H様

 後遺障害と認定されるのに治療期間の状況が重要なんだと初めて知りました。
 本当に事前に相談しておけば良かったと思っています。




交通事故,後遺症




交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症 交通事故,後遺症



交通事故,後遺症
   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.